個人再生無料相談ランキング.com※24時間メール・電話相談

個人再生をお考えの方はチェック!

借金は減額できる可能性があります!こちらの匿名無料診断でその可能性をチェック。あなたに最適な借金整理方法もわかります。

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

個人再生後いつからクレジットカードを作れる?

 

個人再生後はクレジットカードを使用したり新規作成することが非常に難しくなります。ですがこの状況が一生続いてしまうわけではなく、個人再生後5~7年ほど経つとクレジットカードを使用・作成出来るようになります。

理由は「ブラックリスト」に登録されるため

個人再生をすると信用情報に個人再生をしたという事実が登録されます。これがいわゆる「ブラックリスト」というものです。このブラックリストに登録されている期間がだいたい5~7年であることが多いため、この期間はクレジットカードを使用・作成するのが難しくなるのです。個人再生以外の借金整理(自己破産・任意整理)でもブラックリストには登録されてしまいます。

 

個人再生後にクレジットカードが作れないデメリット

 

やはり、今までクレジットカードを頻繁に使用していた方にとっては不便だということがのデメリットとして挙げられるでしょう。

 

また、ブラックリスト登録期間はクレジットカードだけではなくローンを組むこと、借り入れをすることも難しくなりますので、何か購入するときなどは現金で一括払いするしかなくなってしまうかもしれません。

 

個人再生後にクレジットカードが作れないメリット

 

クレジットカードが作れない、ローンも組めない、借り入れも出来ないという状況では不便で仕方ないと感じるかもしれませんが、ポジティブに考えると新たな借金を作らずに済むということです。この期間を有効活用してお金の在り方・使い方を勉強するようにすれば、後の人生で借金で失敗する可能性が減るかもしれません。

 

個人再生の無料相談・依頼はこちらがおすすめ

 

当サイトおすすめの無料相談はこちらです。

 

樋口総合法律事務所
⇒樋口総合法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-288-394

 

★個人再生(借金整理)に特化している
★初回相談無料
★24時間365日全国対応で受付中

 

 

 

債務整理である任意整理を利用すると借金が減額されます。個人再生を利用すると任意整理より大きく借金が減額されます。ですが自己破産を選ぶと借金のすべてが免責となります。個人再生を利用すると国の広報誌である官報に氏名や住所が記載されます。官報を一般の方が見ることはほとんどないため、知人に知られてしまう心配はあまりありません。官報を見たヤミ金業者などから連絡が来るかもしれませんが無視しましょう。個人再生を利用すると信用情報にも傷が付いてしまい、しばらくの間は新規でローンを組めなくなったり、クレジットカードが発行できなくなります。ですが期間を過ぎればまたカードも発行・利用できるようになります。借入できなくなる期間は個人再生の場合で約7年~10年ほどです。自己破産の場合は住宅や自家用車などの財産は差押えとなります。任意整理や個人再生では住宅を差し押さえられてしまうことはありません。職業の制限は個人再生や任意整理の場合はありません。自己破産の場合には職業の制限があります。保証人になってもらいお金を借りている場合は、個人再生でも自己破産でも保証人に請求が行ってしまいます。ですが任意整理の場合は保証人も任意整理の手続きを進めることで、返済の義務が和らぎます。債務整理と一口に言っても、個人再生、任意整理、自己破産と違いがあります。法律事務所の無料相談でご自身の現状を伝えて、どの方法が1番適切かどうか判断してもらうことをおすすめします。

 

個人再生するとどうなる?※その後について

よく読まれている債務整理の記事

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法