個人再生無料相談ランキング.com※24時間メール・電話相談

個人再生するとどうなる?その後の制限ざっくりまとめ

職業制限

なし。

ブラックリスト

登録される。裁判所から個人再生が認められてから5年間ほど。

官報

掲載される

住宅

ローンも含め手元に残すことも可能
詳しくは…個人再生後は住宅ローンや自動車ローンを組める?

クレジットカード

ブラックリスト登録期間(判決から5年ほど)が過ぎれば作成可能

その他

下記エントリーから気になるトピックをチェック。
「個人再生をするとどうなるか」について、各項で詳しく取り上げています。

個人再生するとどうなるか詳しい項目を見てみる

 

個人再生後の生活、自分の場合はどうなるか知りたい

「個人再生をした場合…ズバリ、私のその後の生活はどうなる?」
個人再生によっていくら減額できるか、その後の返済計画などは人それぞれ。
自分の場合どうなるかを詳しく知りたい時は無料相談を活用するのがおすすめです。

 

生活のこと、費用のことも専門のスタッフが無料で相談を受け付けてくれる窓口はこちら。

借金お助け相談窓口
⇒借金お助け相談窓口に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-358-071

 

個人再生とは

 

個人再生おすすめ事務所ランキングはこちら

 

借金の返済に困ったときに利用する制度には、任意整理、特定調停、個人再生と自己破産があります。
この中で個人再生とは2001年に始まった、比較的新しい制度のことです。

 

おおざっぱな言い方をしますと、個人再生とは特定調停と自己破産の間に位置する制度です。
特定調停で、任意整理の手続きをしても返済できないけれど、自己破産を避けたい場合に用いられます。

 

個人再生の場合、小規模個人再生と給与所得再生の2つがあります。
小規模個人再生の場合、継続的収入があり、債務の総額が5000万円未満であれば、利用できます。
正社員でなくても、パートやアルバイト、年金生活者でも継続的収入があれば使用できます。

 

再生計画を出して、許可されれば、計画案どおり返済し、残りの債務は免除されます。
給与所得者再生の場合は、定期収入があり、その収入の変動が年収の20パーセント以内であれば、債務者の同意を得られなくても利用できます。

 

個人再生をすると、およそ債務が5分の1に減額されます。
また家族が保証人にさえなっていなければ、家族に迷惑がかかることがありません。
また個人再生の場合、自己破産と違って住宅を手放さなくてもよいというメリットがあります。

 

個人再生とは、住宅を手放すことなく、債務の整理ができる制度と言えます。また自己破産のように自分の財産を失うことなく借金の整理ができ、その上ギャンブルや遊行費などでできた借金であっても利用できます。

 

個人再生するとどうなる?※その後について記事一覧

個人再生後は住宅ローンや自動車ローンを組める?※すぐわかるローン事情

そもそも個人再生とは?5分でわかる!ざっくり個人再生とは個人再生したら、その後の生活はどうなる?個人再生するとどうなる?※その後の制限一覧個人再生後、ローンは組める?組めなくなる期間がありますが、いずれまた組むことができます。ローンが組めなくなる期間個人再生が認められてからだいたい5年間は、ブラック...

≫続きを読む

 

個人再生後クレジットカードは発行できる? ※いつから作れるの?

個人再生をお考えの方はチェック!借金は減額できる可能性があります!こちらの匿名無料診断でその可能性をチェック。あなたに最適な借金整理方法もわかります。個人再生後いつからクレジットカードを作れる?個人再生後はクレジットカードを使用したり新規作成することが非常に難しくなります。ですがこの状況が一生続いて...

≫続きを読む

 

個人再生した後の奨学金は?

借金に関してのトラブルが発生した場合には、最悪の場合個人再生や自己破産などをすることによって、一部あるいは全部が免責されることがあります。特に、個人再生の場合には、全ての借金の免責をすることはできませんが、その代わりに、財産の差し押さえなどのペナルティーを受けることがなく、比較的負担が少ないので、利...

≫続きを読む

 

個人再生の失敗例は? ※体験談をチェック!

個人再生の失敗体験談は?個人再生の手続きを行えば100パーセント成功するというわけではありません。失敗してしまう事もあるので、注意をして対応しなければいけません。では、どういった条件で失敗してしまうのでしょうか。失敗の体験談の事例を知っておけばうまく対処できるでしょう。最も多いのが債権者が反対してし...

≫続きを読む

 

個人再生すると官報に載る? ※不安なあなたも5分で安心

個人再生は裁判所を通じた法的な手続きですから、個人再生を行うと官報に掲載されてしまいます。官報は、毎日発行され、県庁所在地の販売所で販売、掲示されるほか、インターネットのサイトでも過去30日分を無料で読むことがでいるようになっています。(それ以前のものは有料)官報で告知する意味は、個人再生の手続きか...

≫続きを読む